名古屋家政婦の保険

雇い主の家の中の物を壊したり、紛失した場合に、家政婦には弁償する責任があります。お金持ちの家で働いているときに、何千万円の壷を掃除しているときに誤って壊してしまったり、宝石が紛失するようなことがないとは言えません。

そんなときのために、「個人賠償責任保険」に加入しておくとよいでしょう。個人賠償責任保険というのは、他人の物を壊してしまったりして、法律上の損害賠償義務を負ったときに支払われる保険です。

他人の物を壊す以外に、他人にケガをさせた場合とか、マンションで階下に水漏れを起こしてしまった場合などにも使えます。

名古屋の家政婦紹介所に登録する際に、個人賠償責任保険の加入を義務づけているところもあります。勤めている間に何が起こるかわかりませんから、このような保険に入っておいた方がいいかもしれません。

ただ、個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険に付いていることが多いので、すでに加入している可能性があります。いざトラブルにあったときに、加入していることを忘れていたということもあるようです。保険証券に記載されている賠償金額が足りないなどということもありえますから、しまってある保険証券をご確認ください。