名古屋家政婦と税金

家政婦の仕事をする上で、税金の支払いなどはどうなっているのでしょう。給料として受け取っている場合と、自分が事業主になっている場合では、税金の支払い方が違ってきます。

雇用主が企業の場合は、会社が年末調整をしてくれますから、確定申告をする必要はありません。自分が事業主になっている場合は、源泉徴収票などが出ませんから、自分で確定申告を行うことになります。

ただし、主婦の場合だと事情が異なります。働いている金額によっては、夫の扶養控除に影響が出てきます。給与収入が103万円以下の場合は、確定申告の必要はありません。なお、103万円の内訳ですが、「給与所得控除65万円+基礎控除38万円」の合計額です。

また、健康保険なども、夫の扶養に入れるのは事業所得が130万円未満までとなっていますから、130万円以上稼いでいる場合は、自分で国民健康保険に加入しなければなりません。家政婦はアルバイトやパートとして働くこともできるので、扶養をはずれたくない場合には、働き方を考えてみてください。

名古屋の家政婦紹介所に登録している場合は、スタッフの方に税金についてお問合せください。また、確定申告時期に税務署に行けば、詳しく教えてもらえます。