名古屋家政婦の資格

家政婦には、特に資格などは必要ありませんが、もっていれば役に立つ資格があります。それは、介護関連の資格です。

介護関連の資格ですが、以前「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格は「介護職員初任者研修」に、「ホームヘルパー1級」と呼ばれていた資格は「実務者研修」という名称に変わっています。

また、「介護福祉士」や「ケアマネージャー」などの資格を取得すれば、より幅広い仕事に就くことができます。家政婦の勤め先として一般家庭以外に、医療機関や高齢者の施設があるので、こういった介護関連の資格を持っていれば、勤めやすくなるでしょう。

高齢者の急激な増加で、最近の家政婦には、介護の仕事を依頼される確率が高くなってきています。介護関連の資格を持っていれば、介護福祉士やケアマネージャーとして勤めることもできますが、それだと家事がメインの仕事に就けません。

一般的に、介護の仕事はキツイですから、家政婦として家事をこなすかたわらで介護補助をする方がやりやすいのではないでしょうか。介護メインだと、家事の仕事をこなす余裕はないのが普通です。

名古屋にある家政婦紹介所には、家政婦の仕事も介護の仕事も両方あるところがありますから、そういうところに登録してください。